「太もも・ふくらはぎ・下半身を細くしたい」「二の腕を細くしたい」
「小顔になりたい」「お腹を引っ込めたい」など、
みなさんそれぞれの想いがあると思います。


ですが、そう簡単にダイエットが成功するとは限りません。


ダイエットは、多くの人、特に女性にとって興味深い事柄です。


ここでは、ダイエット方法などをまとめました。


無理のないダイエットメニュー・ダイエット法で
理想的なプロポーションを手に入れましょう。

朝バナナダイエットについて

朝バナナダイエットに使うバナナ?元来、バナナに含まれている酵素は加熱することで壊れてしまいます。加熱したバナナでは効果が得られないようです。何を食べてもいいようですが、アイスやドーナッツ、スナック菓子は控えることです。



2種類以上食べると、胃が活発に働かず効果が減少します。老廃物がたまりにくい体質になります。



朝以外の食事ですが、何を食べてもいいそうですが、効果アップを狙うなら和食系がオススメです。

また、冷凍バナナは胃腸を冷やし太りやすい体質を作ってしまうそうですから、通常のバナナに限定されます。

また牛乳などは日本人の体質に合わないことがあるため、適さないようです。体温よりいくらか低い温度の水を飲むことにより体が発熱して、カロリーが消費されるようです。



単品で食べることで、胃が休まり、消化機能が回復します。



おやつは1日1種類にすることだそうですよ。他に大切なことは、単品で食べることです。その効果が励みになって、腹筋までやられたそうです。ある雑誌のレビューを見たところ、痩せにくい体質の人でも開始3日目で体の軽さを感じたそうです。



後は適度に運動すれば効果がアップします。どうして常温の水なのか?一緒に摂取するものがコーヒーや紅茶などといったものだと、利尿作用が働き体の水分が減ってしまうそうです。


おかげでウエスト−2.1センチとは・・・




バナナ 恐るべし!!。





冷えすぎは逆効果ですから、氷水はダメですよ。



タグ:ウエストダウン バナナ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。